今こそ応援しよう 非営利団体として登録されたYTGは、122年間、浮き沈み、戦争や地震、バブル経済などを乗り越え、演劇を創り続けてきました。1919年のインフルエンザの大流行を含む、世界的な大流行も経験しました。そのような状況下でも、演劇ファンや演劇人たちのコミュニティが私たちを支え続けてくれました。しかし、ここ数年、私たちは大きな打撃を受けました。すべてのライブ公演が中止されたことで、控えめな黒字から毎年の赤字に転落しました。さらに、収入減に加え、倉庫を追い出されることとなってしまいました。そのため、小道具や衣装の保管にお金がかかるようになったのです。

この2年間で、ライブストリーミングによる劇場公演を4回、フリンジフェスティバルでの受賞を1回、そしてオンラインでの講演を10回行いましたが、この夏と秋には、対面式とライブストリーミングのハイブリッド公演を慎重に再開し、回復を試みているところです。コロナ禍に得たライブストリーミングのノウハウは、将来的に私たちの公演を世界中に提供することを意図しています。現在、いくつかの企業と、インターネットを介して、大陸をまたぐライブ作品の制作について交渉中です。将来的には、ツアーによる国際交流も視野に入れています。このとき、初めての助成金も獲得しました。

ですので、近年の困難な状況にもかかわらず、明るい未来が待っているでしょう。しかし、そこに到達するためには、皆さんの協力が必要です。YTGの収支は過去最低の水準にあります。パンデミック前に返済していた借金は、現在、膨れ上がっています。交通費など、ボランティアに支給し始めた特典もストップしています。

回復のためには、あなたの力が必要なのです。

資金調達は3つのフェーズに分けて行います。


PHASE 1 – 現在

第1フェーズでは、劇団が今必要としていることに着目しています。

2022年夏の発表会「松風」の制作資金を集めました。。

ですので、私たちを支援し、舞台を実現させるために協力してください。(お礼にオンラインショーの無料チケットもプレゼント!)

今すぐ寄付をする、またはチケットを購入することで、以下のアイテムのための資金を提供することができます。

40,000円 <– ポラロイドフィルムを含む小道具代           

35,000円 <– 衣装代
50,000円 <– セット代
25,000円 <– 音響機材費用
80,000円 <– 場所代(一部後払い)

また、短焦点プロジェクターをもう1台購入したり、USB-HDMIアダプターを購入したりと、(いつもですが)意外な出費がありました。それでも、目標額の117%が集まり、公演の資金を調達することができました。

PHASE 1
COMPLETE


PHASE 2 – 過去

第2フェーズでは、YTGの過去の費用を清算するために、皆様のご支援が必要です。

コロナ禍において減少した収入と増加した費用により、積もったYTGの負債を返済します。

負債をゼロにすることで、私たちはパンデミックからこれまで以上に強く立ち上がることができるのです。

  1. Debt isn't sexy, but it's a fact of life, especially for a non-profit theatre company. With the help of people just like you, we raised enough money to fund our summer 2022 show. Now we need to press on and try to push ALL the red from YTG's books so we can focus on the future! A donation of any size will get you access to several of our shows (see below).


    YTG皆様のおかげで、2022年夏の公演に必要な資金が集まり。これからは、YTGの帳簿から赤を一掃し、未来に目を向けることができるよう、邁進していかなければなりません。寄付をすることで、いくつかのショーを、オンラインと直接見ることができます。(下記参照)
    • 4.73% Funded
    • ¥51,000 Pledged

    By Andrew


PHASE 3 – 未来

第3段階では、年間の運営費をまかなうための資金を調達します。また、アンサンブルメンバーの交通費などを前払いするための資金も調達する予定です。

ストレッチゴール

  • キャスト・クルーへの謝礼
  • 有給経理
  • 有給パートタイム管理者
  • 小道具・衣装倉庫の改修

PHASE 3

EARLY 2023